HOME>オススメ情報>売却方法は目的に合わせて選ぶのが良く、最終的にお得になるよう手数料は高くても評判が良い業者を選ぼう

仕組みが異なる2つの売却方法

一軒家

住み替えなどで長岡京市の住まいを売却する場合は、不動産会社へ相談するのが一般的です。各不動産業者では主に媒介販売と業者買取の2つが用意されているため、どちらか好きな方を選んで売ることになります。まず媒介販売ですが、これは不動産会社が宣伝活動を担当して購入希望者を募集し、一般消費者に物件を売るスタイルです。契約方法は3種類ほどありますが、何れも売り出し価格は長岡京市の相場より高めに設定できる仕組みになっています。ただし必ず売れるとは限らず、売却に至る場合でも短時間で売れることもあれば、数か月掛かるケースもあるのです。それに対して業者買取は不動産業者が買う仕組みなので直ぐに売れるうえ、仲介手数料も不要となっています。

媒介販売で発生する費用

媒介販売で長岡京市の不動産を売却する際は仲介手数料も必要ですが、この費用は成功報酬なので、請求されるタイミングは売買契約が結ばれた時です。そのため購入希望者と希望条件が合わず、売買契約に至らなかった場合は仲介手数料も発生しません。また、この費用は売買契約が締結された段階で半分を支払い、物件の引き渡しが終了した時に残りを支払うのが一般的になっています。しかしどのように仲介手数料を支払うかは不動産会社ごとで異なるため、前もって確認しておきましょう。

仲介手数料と評判の関係

仲介手数料は上限が法律で決められているだけで、その範囲内でいくら請求するかは、長岡京市でも各不動産会社によって異なります。お金を支払う側としては安い方が有り難い訳ですが、金額だけでなく媒介販売の質も低ければ、満足できる結果は望めないかもしれません。反対に、法で定めた満額の仲介手数料を設定している不動産会社でも、販売活動や購入希望者との条件交渉にキチンと打ち込んでくれるなら、有利な条件で売りやすくなります。この場合、仲介手数料が高くても好条件で売れれば最終的にお得になるため、そのような不動産業者も人気になっているのです。

広告募集中