HOME>トピックス>物件ごとの違いを知ろう

近年増えたリノベーション物件

大阪はもとより京都のベッドタウンとしても大人気の枚方市では、様々なタイプの不動産が販売されています。新築の分譲マンションと分譲住宅はマイホームとして人気を二分していますが、中古ではリノベーション物件を探せるのも特徴です。リノベーション物件は築年数こそ古いものの、大々的に改修が成されており、最初の新築状態より価値の向上が図られた不動産となっています。

同列の扱いだけど狭義は違う

一軒家では分譲物件と建売物件がほぼ同列に扱われていますが、狭義的には違い、区画内にまとめて家を建て、一軒ずつ売り分けるのが分譲住宅です。さらに分譲住宅では土地開発も含まれており、それらに当てはまらず、建築してから販売するのが建売住宅となります。ただし厳密に考えなくても良い場合が多いので、枚方市で不動産を探す際も、豆知識程度に覚えておくだけで良いでしょう。

まだ建っていない一戸建て物件

家屋がまだ建っていない一戸建て住宅には建築条件付きの土地もあり、この不動産は購入してから指定業者を使って家を建てるのが、条件となっている土地です。そのため指定業者以外の住宅メーカーは選べませんし、家を建てず、枚方市に土地だけ欲しい、という場合も基本的に買えない不動産となっています。

条件が付いていないから自由に使える

土地には建築条件なしもあり、この物件なら買った後に、好きな住宅メーカーや建築工務店を選んで家を建てられます。物件によっては更地ではなく老朽化した家が残っていますが、枚方市で注文住宅を希望しているなら、原則としてこの不動産を買うのが一般的です。

広告募集中